成人した子供よりも孫の方が可愛いのはどこも一緒

今日から子供が試験でお昼過ぎに帰ってきます。ということは…お昼ご飯が必要ということ。毎朝のお弁当作りも面倒だけど朝頑張ればお昼は楽です。しかも隙間には冷食を詰めたりと手抜きもできるけど自宅でご飯となるとそうもいかないものです、何故か(-_-;)
その上、今日は雨も降ってて朝駅まで送ってあげたから当然のごとく帰りも駅までお迎えのパターン。こうなると更にご飯が面倒だなと悩んでいたところいいアイディアが浮かんだんです♪それは迎えに行った帰りに実家に寄ればいいんだってことです。そうすればご飯は出てくるし、母も久しぶりに孫の顔が見れて嬉しいし(私の勝手な想像ですが…)一石二鳥とはこのことだなと一人にやけながら子供を乗せて実家へ直行しました。
案の定、久々に孫に会えた母は喜んで次から次におかずを出してくれるし、私は横で見ているだけで済みました。帰りには「明日も良かったらお昼食べにおいでよ」なんて誘ってもらえるし、イイことづくめでした(^^♪いや、本当に孫パワーってすごいなってつくづく実感できました。多分、今は育児に疲れている私も将来は母のようになるんでしょうねー。

反抗期への対応に、お兄ちゃんからの対応で上手くいくケースもあります。

思春期の頃には、親への反抗などする場合もあります。

孫の中学一年生になった男の子が、現在反抗期なのです。

最近その孫にとり、親の離婚で心が動揺している事もあると思います。
娘が二人の子供を親権をもち、三人での暮らしをしています。

でも子供たちは、お父さんとも全く会わないというわけではないのです。
ソフトボールを中学一年生の孫がしていて、パパは応援にきている様です。

ヒットを打った時などは、お父様も涙ぐんでいたと言う事も聞きました。
子供の事は、いくら離婚をしても可愛さがあるのでしょう。

その中学一年生の孫は、ママの言う事を無視するというのです。
汗臭いのにお風呂へ入る事を、言ってもしてくれなかったりの生活をしている様です。

でもお兄ちゃんの言う事なら、命令してもその通りにするというのです。
現在はお父さん替わりをする、お兄ちゃんだというのです。
次男に向かって、お兄ちゃんは(高い、高い)等もしてあげる様です。

中学一年生の反抗期には、甘えたい所もあるのでしょう。

お風呂へ入る事も、お兄ちゃんから注意をしてもらうと、娘が親の私に伝えてきました。キレイモ キャンペーン

ひそかにテレビ出演していた上重アナウンサー

日本テレビの上重聡アナウンサーが4月から「シューイチ」に出演していたのを見ました。上重アナウンサーというと野球経験があり、PL学園時代にプロ野球の松坂大輔選手が所属していた横浜高校と対戦したこともあったそうです。それに爽やかなイメージがあり人気アナウンサーとして活躍していました。しかし、2年前ある企業の社長からマンションを購入した際に多額の融資を無利息で受けていたことが発覚し、次々と番組を降板していました。出演していた「スッキリ」も昨年3月で降板し、テレビで顔を見る機会はありませんでした。スポーツアナウンサーとしては活動していたようです。
少し前に「日本テレビを退職か?」という報道を見ましたが、それはデマだったようです。一度スキャンダルが出るといくらサラリーマンとはいえテレビに出演する身なので印象が大事です。出演する番組にも制限が出てくるはずです。けれど、「シューイチ」に出演していた上重アナウンサーがとても楽しそうに仕事をしていたのが印象的でした。過去のことは戻りませんが、未来に向けて頑張ってもらいたいものです。

私の趣味は自分の食べたい洋菓子を作ることです。

私は小学生の頃から母とお菓子作りをよくしていました。その為,将来の夢はパティシエになること。
実際,高校卒業後は洋菓子店に務めました。
現在は3児の母となり,子供たちのお誕生日やクリスマス,何でもない日にでも,食べたい!と思ったらケーキやクッキーなど作って楽しんでいます。
子供たちも一緒にキッチンに立ち,材料を分けたり混ぜたり…出来上がるのをドキドキワクワクしながら楽しんで作っています。
作るときは子供たちのリクエストを聞きつつも,結局は自分の好きなお菓子や得意なお菓子になってしまいます。
失敗することもありますが,それもまた勉強になり,次に作るときに活かせますよ!
私の子供の頃は本屋さんで気になる本や,作りたいお菓子の載っている本などを探して買っていましたが,最近は便利になり,インターネットでもたくさんレシピを見ることができますよね。
凄く参考になります!!
同じお菓子でも作り方や材料の量なども違いますので,自分に合った作り方を探すのも楽しいです。